2012年06月15日

住みよい家を造ろう(体も家も健康が一番)

ご無沙汰しております。
社長の林です。

早くも梅雨に入って1週間経ちます。
毎日がじめじめした感じで体調も気分も
優れないない人も多いんじゃないですかね?
そしてそこにきて消費税増税案が可決しそうな
勢いで毎日報道されてます。
2014年度に8%に2015年度に10%へ上げるようです。
国民全体が幸せに健康で生活出来るならば問題はない
と思いますが、そんな保証が全くありません。
返って皆さんの大事なマイホームで考えれば
新築・改築・リフォームなどにおける工事代金に対し
増税率分の負担が大きくなってしまいます。
そこで弊社が考えるには
これからのマイホームは建物築造後
メンテナンスが最低限で済む建物をご提案していきます。
最初にお金をかけるか?
築造後メンテナンス費用をたびたび払うか?
これはお客様が決めることです。
ハウスメーカーなどはメンテナンスを見越してのご提案を
しておりますが、
我々はお客様の為になるご提案をさせて頂きます。

※現在電子機械機器類が建物に異常なほど使われておりますが、
 保証期間が過ぎると全て実費で取替えなければなりません。
 そんな時お金がある人は良いですが、
 無い人は後悔しますよ・・・・
 折角電子機械機器機能の優れた建物を造っても一つ部品が破損すれば
 その関連機能は全て失われます。
 そこのところを良く考えて自分にとって最低限必要なものを取り入れた
 マイホームを考えた方が良いですよ・・・・
 ハウスメーカーなどはそんなこと教えてくれません。
 それは所詮地元の人間の人は少ないし、
 聞けば営業マン一人の年間ノルマが相当に高い見たいですよ。
 あくまで数字で考えている人の集団は流行に乗って提案しますが、
 後の事は考えてないです。
 要注意ですよ・・・
 皆さんも今は元気かもしれませんが、
 人間はどんどん老けていきます。
 そして腰・膝・足など痛くなり病院へいきます。
 それがメンテナンスと一緒です。
 建物は造りかたで老朽化年齢が大分変わります。
 それはメンテナンス時期が違うという事です。
 
やはり
人間は食生活+適度な運動をし健康で長生き出来るようにし、
建物は建てる前のプロセス+施工法+適度なメンテナンスで
長持ちさせるようにしたいものですね。


詳細について興味のある人はご連絡ください。
 
 
posted by 林建設S・G(株) at 10:43| 山梨 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする